AquaSKK プロジェクト::インストールと初期設定

AquaSKK 4.x をインストールする手順を説明します。 対象となる OS は Mac OS X 10.5.x 以降です。

目次

パッケージのダウンロード

まず、AquaSKK プロジェクトの パッケージ一覧 から、インストールするパッケージをダウンロードします。 ダウンロードしたファイルはダブルクリックでマウントできます。

AquaSKK のインストール

パッケージを起動したら指示に従って AquaSKK をインストールして下さい。

インストールが完了したらログインし直します。

入力メニューの設定

インストールしただけでは AquaSKK は使えません。 システム環境設定を開いて、AquaSKK を有効化する作業が必要です。

言語とテキストを選択します(Leopard では言語環境)。

入力ソースを選択します(Leopard では入力メニュー)。

AquaSKK 4.0 以降では、従来の AquaSKK 3.x と互換性のある入力メニューと、統合入力メニューのどちらかを選択することができます。


互換入力メニューか AquaSKK 統合入力メニューのどちらかを設定したら、システム環境設定を閉じます。 これで AquaSKK を使う準備が整いました。

動作の確認

早速 AquaSKK の動作を確認してみます。まずはテキストエディットを起動し、 + スペース で AquaSKK をアクティブにして下さい。 AquaSKK が「ひらかな」モードになっていることを確認したら、 と入力します。最初の K は大文字で、以降は小文字にするのがポイントです。 テキストエディットの表示は、以下のようになっているはずです。

次に、スペースを押して変換します。

「漢字」以外の文字が表示される場合もありますが、 今は気にせず、スペースを何度か押してみて下さい。 そのうちに、以下のような候補ウィンドウが表示されます。

それぞれの変換候補の前でハイライトされている ASDFJKL は、 変換候補を選択するための文字です。 もちろん、カーソルキーを使っても変換候補を選択することはできますが、 ここでは試しにfを押してみます。

ちゃんと確定されたでしょうか? 以上で動作確認は終了です。お疲れ様でした。

カスタマイズ

AquaSKK の動作をカスタマイズするには、入力メニューから環境設定を選択します。

環境設定はいくつかのカテゴリで構成されています。

辞書以外の設定は大胆に変更しても大丈夫ですので、 一つずつ動きを確認しながら試してみることをお勧めします。